いりなか散策

2014.02.28カテゴリ:地域
いりなか散策
つむぎファミリークリニックの森永です。

今日はとてもよい天気でしたね。
昼食場所を探しついでに、クリニックの周辺を散策してきました。

飲食店もたくさんあります。
いりなか商店街発展会さんがあり、地域に根ざした活動をされています。

近くに公園もありとても素敵な街ですね。

地域をしること。家庭医の大切な仕事ですので、また散策してみます。

待合い室のソファーができました

2014.02.26カテゴリ:建設
待合い室のソファーができました
つむぎファミリークリニックの森永です。

待ち合い、中待ち合いのソファーができました。
いままでクリニックにはいすがなかったので、これでこられた方とも座って話ができるようになりました。

妻の意見も参考に待ち合いと中待ち合いのソファーの色を変えてみました。

中待ち合いのからし色のソファーは写っていませんが、ぜひ来院時にご覧になって下さい。

軒上サインがつきました

2014.02.17カテゴリ:建設
軒上サインがつきました
つむぎファミリークリニックの森永です。

2月15日、17日の2日間で、クリニックの軒上サインがつきました。

職人さん達は高速道路の看板取り付けもされているそうで、これくらいの高さのサインはお手の物ですね。

家族みんなに利用していただきたい、という思いから、ファミリーのデザインを入れてもらいました。
素敵なデザインで気に入っています。

お近くを通った際にはぜひご覧下さい。

第19回東海家庭医療ネットワーク

2014.02.08カテゴリ:学習
第19回東海家庭医療ネットワーク
つむぎファミリークリニックの森永です。

第19回東海家庭医療ネットワークのミーティングが岐阜のシティ・タワー診療所で行われ、「学習」をキーワードに東海地方に縁のある家庭医と学習、交流をしてきました。

大学の後輩や12年振りにあう高校の同級生などといった仲間との交流も楽しかったのですが、個人的には英国スコットランドで短期研修をしてきた家庭医の報告が興味深かったです。

医師は生涯学習が必要な職業です。
専門医を取得するまでよりも、その後の方がよほど長いので、生涯学習するシステムを築いている事が必要だと思います。

英国家庭医のpersonal development plan(「個人の成長計画」とでも訳しましょうか)を毎年作成し、評価をうけるシステムはとても参考になりました。

Think globally, act locally. 家庭医の師匠が言っていた言葉ですが、私もpersonal development planを考えてみたいと思います。

第20回は愛知で、ここつむぎファミリークリニックでの開催を予定しています。

指導医養成講習会の講師をしてきました

2014.02.02カテゴリ:教育
指導医養成講習会の講師をしてきました
つむぎファミリークリニックの森永です。

私の所属している日本プライマリ・ケア連合学会が主催する指導医養成講習会が名古屋大学医学部で開催され、講師として参加してきました。

実は2017年に日本の専門医制度が大きく変わります。その一つとして19番目の専門医「総合診療専門医」が誕生します。

「総合診療専門医」は、日本プライマリ・ケア連合学会が認定している「家庭医療専門医」を認定するシステムをもとに考えられる事になっています。

今回の講習会は「家庭医療専門医」を育てる指導医を養成するもので、若輩者ながら講習会をお手伝いさせていただきました。

クリニックの理念である「癒しと幸せのつながりをひろげる」手段として、家庭医療はぴったりだなと感じながら会場を後に致しました。